スカイプを使った英会話

英会話を学ぶ方法は多くあります。英会話教室・英会話スクールなどに通う…という方法は昔からありますし、書店で英会話を学ぶための書籍も販売されている…というのも昔からですよね。最近は、そういった書籍をオンラインショップで購入することもできますが、他にも、英会話などの外国語を学習するための研究を常に行い、そして効率良く学ぶための教材を製作しているところも多くあり、それらの企業等が自ら公式サイトから販売しているところも多くあります。更に、それら英語・英会話教材にも、リーディング用の英語教材・英単語を学習する英語教材・リスニング用の英語教材・スピーキング用の英語教材などのカテゴリが存在しますし、更に細かく言うならば、子ども英会話・ビジネス英会話・TOEIC対策などもあります。

英会話を習得するためには、本場のネイティブな英語の発音をしっかりと耳で聞き、英語の音を脳に記憶させることができるかどうか…が重要となってきます。もちろん、英単語や英文法を学ぶことも英会話を学習するためには必要なことではあるのですが、実は、英語独特の音というのは日本語にはない音なので、なかなかその音は聞き取りにくいのだそうです。一説では、英語の音と日本語の音とでは、周波数が違うのだそうで、子供の頃はその周波数の違う英語の音も日本語と同じように耳に入っていたのに、年齢を重ねるごとに徐々に聞こえなくなっていき、結果としてネイティブな英語の発音を聞き取れず、そして正しいネイティブな発音で英語を話すことができなくなってしまうのだとか。実際、日本語の周波数は124hz~1,500hz、英語の周波数は2,000hz~12,000hzだそうですし、よく「小さい頃から英会話は習わせておいた方が良い。大人になってからの学習は大変」と見聞きすることを踏まえても、説得力があるなぁ…と思います。また、赤ちゃんは言葉を覚える時、文法などを知らない状態で言葉を覚え、そして話せる言葉が増え、長い文章を話せるようになっていきます。長い文章を話せるようになっても、まだ文法を取得しているわけではありませんよね。では、どうやって赤ちゃんは言葉を正しい音で話せるようになっていくのか…というと、お父さんやお母さんなど周囲が話す言葉を集中して聞いているからなんですよね。これについても、なるほどなぁ…と納得したものです。英語が苦手、英語を話せない、英語を聞き取ることができない…という方は、英語の音を聞き取る力がないからであり、また聞いていないから…ということです。英語の正しい発音を聞き取ることができない大人の耳になってからでは、英語・英会話を学ぶことができない…というのではなく、本場のネイティブな英語の発音を「聞く」ということが大切だということなんですね。

それならば、英会話を学びたいなら、実際に英語の発音や会話を聞くことができる英会話教室・英会話スクールに通うか、現在人気のヒアリング用の英語教材を使用するかしか方法はないのかな?と思われるかもしれませんが、それ以外にももう1つ、スカイプを用いた英会話の学習方法があります。スカイプというのは、インターネット無料通話ソフトのことで、パソコンやスマートフォン・タブレットと、スカイプソフト、そしてインターネット環境が整ってさえいれば無料で利用することができる便利なものです。ソフトはダウンロードしなければなりませんし、利用するためにはIDを登録しなければなりませんが、どちらも無料ですし、利用料もかかりません。友達や会社の同僚と電話感覚でスカイプで会話したり、文字による会話(チャット)も行うことができますが、いずれも相手がどこにいてもコミュニケーションを図ることができ、インターネットを使ったテレビ電話のような感覚で使うことができるのです。単なるコミュニケーションツールではなく、スカイプを使って簡単な会議や打ち合わせをすることもできますし、使用用途は幅広くあります。そしてこの仕組みを英会話の学習にも応用したもの…それがスカイプによる英会話学習となります。

一般的に、スカイプを用いた英会話の学習方法は、オンライン英会話と呼ばれる方法に分類されます。オンライン…つまりインターネット上での英会話学習ということですね。英会話教室・英会話スクールに通って学ぶのではなくて、インターネット環境さえ(もちろん必要な事前準備も含めて)整えられていれば、スカイプでの英会話学習を始めとするオンライン英会話を利用することができるわけですから、自宅にいながら英会話を学ぶことができるということであり、まさしくそれがオンライン英会話の大きな利点となっています。

お気に入りリンク